滞在許可証

滞在許可証

今日は、フランスの滞在許可証5年間をもらえることが確定したうれしい日です。「なんだ・・・」と思われる人が多いかと思いますが、パリ在住3年目にしてやっとこの4月に5年間の滞在許可証をもらえそうです。(手にするまではまだ油断できません)これはすごいことなんです。最初の滞在許可証は、オーストラリアでの留学。この時の記憶は全くありませんが、恐らく私の大学がいろいろ手続してくれていたのでしょう。その後はイギリス。学生ビザはそれほど難しくないといった印象でした。警察が学校に来て、そこですぐに発行してもらいました。その次はドイツ。ドイツ語が話せないととても厳しいという印象があります。冗談で、その日の担当者の気分により、3か月とか1年とか期限(機嫌?)が変わるって友達とよく笑って言っていました。でも、正当な理由があれば確実に公平にビザが出ていたと思います。(今振り返るとですが…)そして、フランス。Oh my god!この国は…まずどの書類を持っていく必要性があるのかわからないようになっています。もちろんフランス語が話せなくてはいけません。話せない人は通訳を連れていきます。パリの場合は、まずPrefecture de Policeのアポを取るためだけに最低でも2~3時間待たされます。これが、運が悪いと建物の中に入れてもらえず、みじめな思いをしながら入り口で立ちっぱなしの状態で待たされます。雨が降ろうが、雪が降ろうが… 最悪の場合は、その日に受付にもありつけずに次の日に出直します。そしてやっとPrefecture de Policeとのアポが取れますが、これも3か月後の話です。そして、そのアポは彼らが決めるので、仕事があろうと何があろうといかないといけません。そして当日。時間通りに行っても最低2時間近く待たされます。そして、あれが足りないこれが足りないということになり、またアポの取り直し。そして、ずるずる1年、2年、と過ぎていきます。これは特にパリで多い現象です。学んだことは、全ての書類を持っていく。これは、コピーもとっておく。万が一のためにコピーをしなくてはいけなくなる可能性もあるので、小銭を準備する。そして、書類は聞かれない限り出さない。彼らにとっては収入がたくさんあろうがなかろうがあまり関係ないことで、収入があっても、ビザが取れない人はたくさんいます。逆に収入が少なくても簡単にビザが取れている人もいます。これが不思議ですが。もっと手続きのシステムを簡素化したらと思ったことがありましたが、それは彼らが目指していることではないのです。「改善」をしてもフランスにとって何の利益にもならないのです。外国人は待たせておけばいいのです。日本人なのでついつい「ここを改善して…」なんて考えてしまうのですが、無駄なことなのです。今度はCarte Vitaleに集中できそうです。これはフランスの健康保険です。3年前から支払っているのですが、まだ保険証が来ません。「書類が足りない」といわれ続け3年。何回書留で書類を送ったことか。フランスでは書類やInvoiceがすぐになくなります。なくなってももちろん教えてくれません。日本からドイツ、そしてフランスに来るとカルチャーショックが大きいです。とはいっても、フランスにはいいところがあります。バゲットとチーズとワインはやはりおいしいですね。暫く、フランス移住にはまだ時間がかかりそうです。

Leave a comment