コミュニケーションのコツはみんなに分かるように!

コミュニケーションのコツはみんなに分かるように!

コミュニケーションは、母国語同士の間でも難しいです。ある海外経験の長い友人が、「夫婦の間でもわからないことや勘違いがあるのに、言語や文化が違えば意思疎通は難しいと考えたほうがいい」といっていました。私はその後イギリス人と結婚して男女のコミュニケーションの難しさは確かに世界共通なことだなと思いました。彼がイギリス人だからではなく男女の考え方の違いが根本的にあるからです。多国籍の女性同士で話すとなんと全く同じことを言っています。 異文化、そして外国語でのコミュニケーションはある程度テクニックが必要です。通訳をはさむ場合はピンポンのように行ったり来たりする会話ですので、特に中途半端な質問は避けたほうが時間の短縮になります。よくあるのが、この質問で何を聞きたいのか目的がはっきりと分からないということがあります。通訳を挟まないのであれば、小出しにいろいろ質問できますが、質問を一つ間違えると、会話がとんでもない方向に進み収拾がつかなくなります。相手の性格を把握している通訳であれば言葉の選び方に注意をしますが、そのまま訳しているとよくあるのが、「そんな話はしていない」ということになり、だんだん気まずくなります。気まずくなった時に一番それを察してもっと仕事がやりずらくなるのは通訳の方です。ですので私は必ずクライアント様と打ち合わせをし、どのような目的をもって話を進めていくつもりであるか確認して、本番に臨みます。 私のような通訳は典型的な会議通訳ではありません。一緒にお客様と相手先に訪問することがほとんどですので、お客様が外国人とのビジネスにたいへん慣れていて言語だけの問題であれば、安心してそのまま通訳ができますが、そうでない場合も多々あります。 今年初めに阿部首相のダボス会議での発言を通訳がミスをしたという報道がありましたが、私は個人的にはとても残念に思いました(と日本人の私は言いますが、海外生活の長いもう半分の私ははっきりと「無責任な責任逃れ」というでしょう)。最終的に通訳の責任となっているように思われますが、日本語スピーチを作成した時点で既に英文をしっかりと作成し、認識のずれがないように確認してから本番に臨めばよかったと思います。瞬時に複雑な政治的な文章を正確に伝えることはプロの技ではありますが、スピーチは会議中の発言と違い予め時間をかけて作成してあるものなので、特に緊迫している国際関係は慎重に慎重を重ねてもよかったのではないでしょうか。 何語であろうと10人がみんな十色に解釈されそうな言動は通訳を挟もうがご自身で外国語で話そうが避けたほうがいいと思います。通訳がついている場合は経験から異文化理解を付加価値として問題が起きないように会話を進めていきます。通訳をただの言語のできる人という認識だけでは、本当の通訳のスキルを見極めることができず、チャンスを逃していることが多々あると思います。

Continue Reading

通訳のお仕事

通訳のお仕事

最近クライアント様の中で「言葉だけでお仕事ができるとは知らなかった」といった人がいました。こういうことを言及される方は特に日本人に多いです。外国人に言われたことは全くありません。お仕事の内容は医療業界のGMPで独・英・日の逐次・ウイスパリング通訳でした。大抵の人が、通訳は「言葉だけ」と思っているようです。私も最初はそう思っていました。通訳業を始めたのは1998年、ドイツに来て3か月で突然通訳のお仕事が入りました。この時はDSHというドイツ語試験に受かったばかりでした。DHSという試験はドイツの大学で勉強するために必要なドイツ語レベルを確認するためのテストです。このテストに受かっても、まだまだドイツ語でドイツ人と一緒に勉強ができるレベルではありませんが、通常1年ぐらい勉強して、取得する人が多いと思います。ドイツ語はまだまだ未熟であったことはお恥ずかしいのですが、ビジネス日本語や社会の常識も全く知らず、「会社仕組みとは何か」ということも知らず、「ただドイツ語ができる日本人」ということで、通訳のお仕事が回ってきたのです。当時のライプチヒではあまり通訳のお仕事をする人がいっぱいいたわけではなく、私のようなドイツ語もまだまだの者が通訳ができた時代でした。今考えると当時の準備の仕方も「的外れ」で、最初は私にとっては大学に行きながらの「アルバイト」でした。通訳料金も「アルバイト料金」でしたので。でもお客様にとっては、多額の経費を出しての出張なわけですから、(通訳の選択に対してあまり重要性を置いていないことには疑問を感じる)実際にコミュニケーションが取れないとすべてむだになってしまいます。そんな中、毎回専門分野で、環境保護、特許の契約、狂牛病などなど、日本語でもよくわからないものばかりでした。一番難しいと思った通訳のは、市長のスピーチの逐次通訳でした。スピーチはいろいろ考えて書かれたものを読み上げるものでしたので、スピーカーはとてもスムーズに話すのですが、「起承転結」を教えていただいていない、まして初対面のアマチュア通訳にとっては、とても難しいお仕事でした。でもお客様は、「ただ訳してくれればいいから」といいます。通常お願いするときは「簡単なお仕事」といった感じでお話が来ます。それからいろいろ経験をして、今年で17年目です。まだまだですが、少しずつ準備の仕方から、打ち合わせの重要性、通訳の時の場所から何から自分なりのベストな方法が分かってきました。製造関係のお仕事が多いので、The Goal(Dr. Eliyahu M. Goldratt)、トヨタ生産方式(大野耐一)などなど独日英仏語で読みました。またフリーランス通訳の場合、ドイツではEinzelunternehmer、フランスではprofession libéraleを立ち上げなくてはいけなかったので、手続きから確定申告まで全て自分でやるわけですから、規模は小さいですが、「会社の仕組み」がわかってきました。こういった経験も通訳のお仕事には大変役に立ちます。毎回準備には時間をかけます。ホームページの関連のあるところををすべて読むのは基本です。その業界の人と同じレベルの知識があって初めて本当はいい通訳ができると思いますが、それは難しいことです。時間が許す限り準備をします。それで当日スムーズに通訳がいくと、お客様から「言葉だけで・・・」といわれます。これはサッカー選手でたとえたら、PKの時と同じです。観客はその一瞬しか評価しませんが、その裏にはトレーニングがあるのです。

Continue Reading

正しい外国語の発音の重要性

正しい外国語の発音の重要性

中国を旅行していて改めて感じたことは、正しい外国語の発音をしっかりとマスターすることの重要性です。「日本では英語を話す人が余りいない。」とよく日本に行ったことのある外国人が言っていましたが、私は中国に来て英語を話せる中国人も余りいないことに気づきました。中国語を母国語とする人口は世界でも大多数を占めているため、外国人は特に中国では中国語を話す努力をする必要性はあるとは思いますが、発音やイントネーションが難しい言語の為、そう簡単にはマスターはできない言語であると思います。先日、中国人の英語ガイドに西安の郊外を案内していただきましたが、彼女の文法やボキャブラリーは素晴らしいのですが、発音が中国語訛りの為、参加者の英国人、スイス人そして私、日本人は彼女の説明の50%理解したかどうかでした。通訳者及び外国語の観光ガイドは、英語を母国語とする人及び母国語としない人が理解できるような発音をマスターする必要性があると思います。これは決して、ネイティブアメリカンやブリティッシュらが話す英語をマスターすると言う意味ではなく、みんなが理解できるようなはっきりとした英語を話す必要性があると思います。英語はネイティブだけでも色々な人が話し、色々な訛り、例えばドイツ語やフランス語訛りの英語を通訳する時はあらかじめどの国の人が話す英語なのか確認します。

Continue Reading

異文化間青少年交流

異文化間青少年交流

ライプチッヒ大学在学中に、夏休みに独仏通訳講座(青少年交流向け)に参加したのがきっかけで、それから何度もDFJW(独)又はOFAJ(仏)のセミナーに参加しています。このオーガナイゼーションでは、戦後の青少年育成に当たって、将来を担う若者がお互いの国(ドイツとフランスがメイン)の過去の戦争の歴史を克服し、新しい将来に向かって仲良くやっていく為に、「青少年交流のプログラムの指導者になる為のトレーニング」を提供しています。その中には、通訳(Gruppendolmetscher / animateur interprète) やグループリーダー(Teamer)など色々なトレーニングプログラムがあります。そのプログラムでは、2カ国または3カ国の異文化の中でのセミナーになるので、ヨーロッパといえども食文化からディスカッションの仕方まで全く違います。日本人の私にとってはプログラムの内容だけではなく、セミナーに参加するだけで大変勉強になります。こういったトレーニングの経験から、2003年から青少年の異文化交流の通訳もしています。先日、ドイツ人の青少年と日本へ行きました。これは姉妹都市関係上での、青少年の交流になります。この仕事は、通訳としてだけではなく、色々なスキルを必要としました。その為、このお仕事が終了すると、2~3日は体調を整える(体重も3キロ減)必要があります。(青少年のパワーはすごい!)この通訳のお仕事がやめられないのは、青少年の「輝いた目」を垣間見ることができるからです。彼らが「成長する」その過程を一緒に体験でき、なんともいえない「感動」を与えてくれます。日本では、弓道、琴、三味線、尺八、そば打ちなどなどプログラムも盛りだくさんでした。このドイツ人の子達が、「一生の中で一番すばらしかった旅(15歳ぐらいの子)」と言ったりするのを聞くと、とても嬉しいです。財政難ではありますが、この様な意義のあるプログラムが続けられるよう、微力ながら応援していきたいと思います。

Continue Reading

ファッションの街「パリ」

ファッションの街「パリ」

私は若者向けの海外研修の通訳のお仕事がとても大好きです。特にこれから社会人として立派に専門職をもってがんばる若者が、ヨーロッパに研修に来た時に、彼らの専門分野の通訳をすることがとても大好きです。先日はファッション関係でした。さすがパリはファッションの中心。ドイツ語を中心に通訳していたときより「華やかな」専門分野が多いです。ドイツでは製造や環境などが多かったですね。ファッションとは全く無関係でしたが、このお仕事を機に勉強しました。この通訳のお仕事では、パリのあるアテリエを訪問してファッションデザイナーから色々ご意見を伺ったり…当日の1週間前から私の頭の中は「パタンナー」、「グレーディング」、「トワルチェック」など専門用語で頭がいっぱいでした。

Continue Reading

異文化を理解してのコミュニケーションスキルの重要性

異文化を理解してのコミュニケーションスキルの重要性

以前ドイツの日系メーカーで通訳・翻訳のお仕事を1年ほど社員としてやらせていただきました。当時「代理店訪問」や「営業所訪問」によく行きました。ドイツ人の営業マンと日本人の駐在員の営業マンとドイツ人のお客様の間に挟まれた状態で通訳をしていましたので、文化の違いを「シミジミ」と実感しました。日本の営業マンは、よく現場に足を運んで、相手先の技術者や営業マンとの関係をしっかりと築くために時間をかけることを大変重視していました。「用事がなくてもしょっちゅう訪問することが重要だ」とその会社の日本人営業部長は考えていたようでした。ところが、ドイツの営業マンは、目的をしっかりと提示した上でアポを取り、予め相手先に提出した議題通りに話し合いを進めながら、短時間で用件をしっかりと調査することが重要だと考えていました。この様にドイツ人と日本人はセールスのやり方が違うため、少々衝突があり、両者の気持ちが分かる通訳としては悩みました。そんな時私の日本人上司はドイツ人の営業マンと一緒にトレーニングコースに参加することを了解してくださいました。そのトレーニングでは色々な営業テクニックなどを教えていただきました。その後の出張の際は、その「教え」が大変役立ちました。ところが、どんなに通訳がドイツの営業技術を理解していても実際には限界があります。やはり、日本人のセールスパーソンはたとえ言語面でのサポートが必要でも、異文化コミュニケーションスキルは習得した方がいいと思いました。よく英会話学校には投資をする企業は多いのですが、外国の労働条件(これは外国人社員又は相手先を理解する上で重要!)からコミュニケーションの仕方まで学習できる場が必要であると思います。英語を短時間で完璧にマスターすることは難しいですが、異文化学習を母国語で勉強することはそれほど不可能なことではないと思います。これからもますますグローバル化していきますので、異文化理解は仕事面でも私生活面でも必須だと思います。日本という国ををそして自分自身を見つめ直すいい機会ともなるでしょう。

Continue Reading

くっつかなくて錆びないフライパン?

くっつかなくて錆びないフライパン?

実は以前パリのあるデパートでドイツ製フライパンを購入しました。ところがこびりついてしまって、「何でこんなフライパンを買ってしまったのか」と後悔しました。 私の先日のお仕事はある調理器具のメーカーさんで、製品を説明する為にフライパンに関して大変勉強しました。するとフライパンには色々材料があって、鉄、ステンレス、アルミなどそれぞれ使用方法や長短所やお手入れ方法に違いがあることをはじめて知りました。フライパンを購入する側ですと、あまり気にせずにセールスポイントの「錆びない」とか「くっつかない」という言葉にだけ目が向き、その特性を知らずに間違って使っていて、その性能を無駄にしていた事に初めて気づきました。そしてただ単に不平を言っていたわけです。 フライパンが調理の武器であるように通訳者は外国人とのコミュニケーションの言葉の武器になります。通訳者との円滑な連携(使用方法)、通訳者の個性(長短所)そして情報提供や適度な休憩(お手入れ方法)をしてあげると、通訳者も本来の実力以上に力を発揮できると思います。 通訳者(鉄のフライパン)を介するコミュニケーションは、直火焼きと違って、外はこんがり中はジューシーな美味しいステーキができます。その為には、取扱説明書をしっかりと読み、油返し(打ち合わせ)をしっかりとしましょう。ステーキ(コミュニケーション)がうまく焼けないのは、フライパンの責任ではありません。  

Continue Reading

展示会通訳(説明員)

展示会通訳(説明員)

パリでは、国際展示会が数多く開かれています。私は、来週パリで開催される展示会Maison&Objetの通訳の準備をしています。正確に言いますと、説明員兼通訳者です。展示会のお仕事は、交渉通訳以外にも、色々なスキルを必要とします。来場者は世界各国からいらしていて、言葉も習慣も様々です。欧州の展示会は、来場者の立場からすると、既存のクライアントとの交渉の場であり、新規サプライヤー獲得の場であります。 短時間で来場者に彼らが必要とする情報を速やかに伝達するというスキルは、正確性だけではなく、独創性、そして臨機応変に対応していかなければなりません。そういった意味で、通訳するだけではなく、今までの通訳としての経験を発揮できる場であり、大変やりがいのあるお仕事です。初めて欧州の展示会に出展される方は、経験のある展示会通訳者を探されるとよろしいと思います。

Continue Reading